立体感あり。ゴージャス感あり。ストーンネイル

立体感あり、ゴージャス感あり、ストーンネイル

接着剤代わりにジェルネイルを使い、ストーンネイルが楽しまれています。

それは、ジェルネイルでより強力に留めることが可能となることからです。

作業は至って簡単です。

トップのクリアジェルをまず塗り、ライトで硬化させ、クリーナーで拭き取る前にストーンを付けていきます。

ストーンをのせたい所に細筆を使ってトップジェルをこんもり塗布します。

その上にストーンをのせ、細筆にクリアジュエルを取りストーンの周りを縁取るようにジェルを塗っていきます。

このクリアジェルがストーン全体を覆ってしまうと、ストーンの輝きがなくなり、丸っとせっかくのストーンもガラス玉に見えてしまいます。

輝きも薄れます。

細かな作業になりますが、できるだけストーンの周りだけをコーティングするようにしましょう。

もし、ストーンにジェルがかかってしまったら、綿棒などで拭き取ると輝きも薄くならずに済みます。

その後ライトで硬化させれば完成です。

ストーンは大小さまざまあります。

色もデザインもさまざまです。

指先に新たな輝きを楽しめますよ。

色を重ねて「ピーコックジェルネイル」を楽しむ

ピーコックに使用するカラージェルは、クリアタイプのものがおすすめとされています。

2色以上のカラージェルを使用するので、色の組み合わせで大きく雰囲気が変わります。

どのように仕上げるのかイメージを膨らませながら楽しめます。

ただし、使用するカラージェルの粘度や、室温によってもジェルの粘度は替わってしまうので、ジェルの選択も仕上がりに違いが出るデザインです。

それでは塗り方です。

まず、クリアジェルを1度塗り、ライトで硬化させます。

細筆でカラージェルを取り、指先に線を2本入れます。

2本線の間にホワイト等薄い系統のカラージェルを入れます。

細筆で指先に向かって2色のジェルが伸びるように線を引きます。

爪の先端の角に向かって真っ直ぐ筆を動かすイメージを持つとより自然に描けます。

外苑前のネイルサロンに行く

また、筆圧はあまりかけず1本引くたびに筆先のジェルを拭き取ったほうがスリムに仕上がります。

鳥の羽のように均一の幅で線を引くのがポイントです。

その後トップのクリアジェルを全体に塗り、ライトで硬化させると完成です。